プロフィール

河上 美春 Miharu Kawakami



高校時代ボーカリストしてバンド活動に目覚め、ジャンルにとらわれず幅広く歌うことの喜びを知る。8月6日の原水爆禁止世界大会には広島の高校生代表として反戦歌を歌った。

広島初のサルサバンド活動を経て ゴスペル&ソウルミュージックのバンド活動の傍ら 子育てと共に その後 約20年続く家族の介護の為 長いブランクもありながら出来る限りの音楽活動を続ける。

2008年より広島唯一のサルサ&ラテンバンド『El Combo de la Paz』(スペイン語で平和のバンドという意味)のボーカルとして活動開始。ラテン音楽のスペシャリスト、バンドのリーダーでもある Alvar Castilloに師事。

子育て、介護が一段落し、2012年 ラテンボーカリスト 河上美春 として個人活動も始める。同年よりオリエンタルホテル広島でのレギュラー出演は個人として初めての活動となり現在も続いている。

その後 ラテン音楽における活動を更に広げたいと模索し続ける中で、2012年『SON四郎』のライブに 強く心を打たれ、 ボーカル、キューバ音楽のスペシャリストでもあるMakotoのレッスンを 受ける為に広島から東京に通い始める。歌、マラカス、ギロ、キューバ音楽のエッセンスを学んでいる。

2013年、 長年の憧れであったオルケスタ・デ・ラ・ルスのボーカルNORAに面会の機会を得られ、レッスンを受け始める。

【History 】

2013年10~11月 メキシコ短期留学。グアナファト州 イラプアト ジャズフェスティバルに出演。

2014年より フォルクローレを歌い始め、11月ラテン&フォルクローレのバンドを立ち上げ広島で初ライブ。(Tao広島にて)

2015年4月 ラテン&フォルクローレで東京初ライブを果たす。(恵比寿、エル・リンコン・デ・サムにて)

2015年7月 河上 美春 ファーストアルバム 『ラテン&フォルクローレ、歌いましょう!』リリース。

2015年7月 ラテン&フォルクローレ ファーストアルバムリリース (広島2回目ライブ)(宇品・ブルーライブにて)

2016年1月 ラテン&フォルクローレ ファーストアルバムリリースライブ。(東京中目黒・楽屋にて)

2016年10月 大阪ヴォーカルコンテスト(シャンソン、カンツォーネ、ラテン)にて歌唱賞受賞

2016年11月 ラテン、サルサ、フォルクローレを合体させた『美春のぶち熱いラテンらいぶ』を立ち上げ1回目LIVE (キーストンクラブ東京・六本木にて)

2016年12月 認定 NPO法人 Smiling Hospital Japanに所属。指定病院小児病棟にて演奏活動開始。

2017年3月 El Combo de la Paz の東京初ライブにピックアップメンバーとして参加(中目黒・楽屋にて)

2017年9月 広島・キューバ展2日目 広島ブルーライブでのコンサートにEl Combo de la Pazメンバーとして参加

2017年11月広島市留学生会館にて フォルクローレ音楽のスペシャリストバンド MAYA、広島のフォルクローレバンド Tierra Nuevaをゲストに迎え フォルクローレコンサート2017を主催、200名を超える観客で大好評となる。

2018年4月 音楽ジャーナリスト竹村淳氏の「反戦歌•戦争に立ち向かった歌たち」出版記念イベントにて 広島の反戦歌 「一本の鉛筆」、ベトナムの反戦歌 「Ngủ đi con」、ブラジルの反戦歌「A Paz」を歌う。

2018年10月 福島県伊達郡川俣町で毎年開催されている日本最大のフォルクローレ音楽祭にて 河上美春ユニットで ゲスト出演。

2018年10月 アルゼンチンが誇るケーナ奏者Raúl Olarte、ギター寺澤睦を広島に迎え フォルクローレコンサートを開催。

2018年11月  広島県廿日市市友和小学校体育館にて、 全校生徒の前での ラテン音楽演奏会に内容企画及び演奏参加。

2018年12月  広島県廿日市市玖島市民センターにてクリスマスコンサート。

2019年5月 東京都 千代田区神保町楽屋にて 広島繋がりのメンバーで SHJ活動の紹介も含めた フォルクローレコンサートを開催。